リスティング広告運用

リスティング広告運用

自社運用において余計なコストをかけていませんか?

リスティング広告は誰でも出稿が可能です。しかし、広告のキーワード選定から広告文の作成、ランディングページと首尾一貫したものを作成しなければならず、また、そのチューニング作業はノウハウの固まりです。つまり、リスティングは一朝一夕ではうまく行かず、プロに任せるべき作業になります。

弊社の強み

+ キーワード、広告文、リンク先ページに徹底的にこだわります

リスティング広告においてキーワード、広告文、リンク先の連動性は、費用対効果の最大化を図る上で最も重要な要素です。弊社では、アクセス解析ツールのデータを独自の運用ロジックに基づき、最大限論理的に分析。キーワードはロングテールの概念に則り出来るだけ多く抽出、広告文は競合広告の分析をした上で最も効果の高いものを選定。またリンク先についてはページ内のコンテンツ精査とユーザーフローまで一貫して行います。

+ KPI(重要業績評価指数)を設定し、広告運用の目的をお客様と共有します

費用対効果を高めるためには、KPIとなる数値が重要です。弊社ではKPIを設定し、PDCAサイクルの運用目的を明確化しながら、費用対効果を高めます。

+ リマーケティング広告・ディスプレイ広告を駆使します

通常、コンバージョンが電話の場合アクセス解析が行えず、費用対効果は見えなくなってしまいます。
そこで弊社では、テルトラッキングという技術を独自開発。電話問い合わせの費用対効果も丸裸にします。

+ 独自技術テルトラッキングにより、電話問い合わせユーザーを可視化します

費用対効果を高めるためには、KPIとなる数値が重要です。弊社ではKPIを設定し、PDCAサイクルの運用目的を明確化しながら、費用対効果を高めます。