Blog

社員インタビュー第3回

柔軟に外を見渡す目でありたい

デザイナー 萩原 理紗(はぎわら りさ)


2013.04.09

柔軟に外を見渡す目でありたい

どんな仕事をしているか教えてください

htmlコーディングを中心に、デザイン、WordPressの構築、既存サイトの運用など、制作全般を担当しています。制作するサイトはPCサイト・スマートフォンサイト・フィーチャーフォンサイト・Facebookページなど様々ですが、最近は特にWordPressを使用する案件が多いですね。
WEBにあまり明るくないお客様でも更新がしやすいように投稿画面をカスタマイズしたり、ご要望に適した動きを実現するために機能を付け足してみたり。ただ外観を組み立てるだけでなく、利便性の高いサイトを構築できるよう、プログラマーの方にもサポートして頂きながら日夜試行錯誤しています。

▲一見清楚に見える女性らしい後ろ姿でも、ソラソルでは仕事に妥協しない敏腕デザイナー!

今後やって行きたい仕事について教えて下さい

今まで担当したデザイン業務はバナーやランディングページが主でしたので、今後はコーポレート サイトなどページ数の多いものにも挑戦していきたいですね。コーディングに関しては、javascriptやphpなど動的な部分にもどんどん興味が湧い てきています。jQueryやWordPressなど、非プログラマーでも導入できる便利なツールがたくさんありますが、やはりコードの中身を理解しないとできないことも多いので、もっと色々掘り下げて勉強していきたいです。
自分は経験が浅く仕事のスタイルが確立されていない分、新しいことを取り入れやすい立場にあると思っています。次々に流れてくる情報を見渡して、知識や技術を柔軟に吸収し、もっと仕事に反映していけるようがんばります。

▲黒ぶちメガネがトレードマークです。

オススメの息抜きの方法はありますか?

1つ目は音楽を聴くことです。ソラソルでは業務中にも各々が自由に音楽を聴くことができるので、これはかなり気分転換になります。行き詰まって心が折れかけた時でも、好きな音楽を聴けば地に落ちたやる気を引きずり上げられますよね。
2つ目は歩くことです。私は自転車通勤をしているのですが、お昼に外出をする際、自転車を使わず歩くことがままあります。祐天寺は住宅街なので空気が穏やかですし、会社の近くに公園や緑道があり緑も比較的多いので、のんびり歩けば気持ちも目の疲れも落ち着きます。
そして3つ目はおやつを食べることです。お腹が空いては集中力も下がりますので、夕方以降は高確率で何かしらもぐもぐしています。

▲仕事中は好きな音楽を聞いてリラックスしながらやっています。

▲歩道橋が好きで見かけると良く登ってます。

▲水族館や博物館でものんびりしていることが多いです。

あなたにとっての「プラスアイデア」を教えて下さい

「自分以外の視点」でしょうか。
当然といえば当然の話かもしれませんが、アイデアってそれを見たり使ったりする”誰か”のために生まれるものだと思うんです。たとえば、ライターが片手で着火できる形になったのは、片手を失った人でも簡単に使えるようにするため、という話を聞いたことがあります
自分が何の不自由も無く使っていれば思いもよらないことだけれど、不便を感じる人の立場に立つと、もっとこうした方が良い、こうした方が便利だ、という風に、より良い方向にアイデアが広がっていくと思います。
すべての人に快適なものを作るのは勿論容易ではないですが、まずは小さなことからでも、それを使う”誰か”、使って欲しい”誰か”の視点に寄り添ったアイデアを付加していけたらいいなと。思いますね。