Blog

社員インタビュー第5回

安心してデザインを任せられるデザイナーになりたい。

デザイナー 中尾直美(なかお なおみ)


2013.04.26

安心してデザインを任せられるデザイナーになりたい。

どんな仕事をしているか教えてください

主にソラソルの請け負うウェブサイトのデザインを行っています。最近は、スマートフォンやタブレットのアプリのデザインとウェブサイトのデザインが1:1くらいの割合で作業しているように思います。
また、運用しているサイトの更新作業なども定期的に行っています。社内では、名刺のデザイン、サイトのデザイン、会社概要の制作など、対外的に使用するツールのデザインを行いました。たまにデイリープレスの記事も更新してたりします。

これまでに印象に残っている仕事を教えて下さい

このソラソルの公式HPです。自分が働く会社の顔を制作させていただきました。ソラソルの雰囲気が伝わる様にアイコン、色彩、フォントサイズに気を配りました。サイトの至る所に使用する写真もディレクションしてました。
一軒家ののんびりとした雰囲気と東大卒の社長が運営してるよという生真面目さが伝わればと思ってデザインしました。
(素敵な福山社長すいません。制作会社なんで実際にはそんなのんびりとはしてませんが(笑))
まだまだ写真があるのでたまに変えたいなと思ってます。
あと正直、以外と情報量が多くて悩みました。
制作会社だったら、実績を会社案内だけでいいんじゃないのか!と思いたくなるくらい(笑)
一番見てほしいのはPCとスマホの見え方!ブラウザをぐりぐり動かして見る人なんでいないと思いますが、PC/スマホの見え方で雰囲気をそのまま維持しててすごく気に入っております。
コーダーさん泣かせのレスポンシブです。ありがとうございました。

▲毎日、自転車で通勤しています。

▲庭になった謎の果物も食べてしまいます。

今後やって行きたい仕事について教えて下さい

アプリデザインはまだまだ未知の世界なのでこれからも関わって行きたいです。

アプリのデザインはまだまだで、実装されたらああなった、こうなった。というノウハウを貯めながら作業しているので、今後もリリースされたものを見ながら使いやすさとは何か、どうやったら綺麗に見えるのか経験を積んで行きたいです。

また、最近はスマートフォンやタブレットのアプリのデザインとウェブサイトのデザインが1:1くらいの割合で作業していると言いましたが、これくらいの割合で作業すると気分転換になるので楽しいです。
仕事なめんなと言われそうです。

そして個人的にちまちまコーディングもするようにしているのでもう一年前の全く分かりません状態ではないのでこれからもコーディングスキルはちまちまのばそうと思ってます。

▲会社のBBQでの一コマ。

あなたにとっての「プラスアイデア」を教えて下さい

「忘れること」が「プラスアイデア」です。
「は?」と言われそうですね。

ほかの言葉でいうと…「ユーザー(他者)の視点で見る」こととかでしょうか。

熱中しすぎるとデザインは違う方向を向いてたりするし、コーディングは初心者の私には行き詰まることばかりです。そんなとき、他の全く関係ないサイトみたり好きな雑誌を読んだり深呼吸して頭を切り替えます。

するとたまに思う浮かぶことがあるし、突破口が見えたりします。

他人に言ったら『変だ!』と言われたことがあって、レイアウトに悩んで何時間も同じ部分を調整して、上手く行かない箇所があったんです。とりあえずそこだけに時間を取る訳にはいかないから他の部分を作業して悩んだ部分は次の日に残してしまいました。そんな時、夢の中でばっちりはまるいいレイアウトの夢をみるんです。気持ち悪いですね。自分で言ってて変だと思いました。
一日デザインを置いておけることなんて滅多にないのでよく「忘れる」為にいろんなことしてます。

ソラソルにはお庭があって今は梅、桜、変な実を付ける木もあるのでよく窓を開けて空気をすって、外眺めてます。つい数週間前は桜が綺麗に咲いてました。近くに公園もあってよくふらふらしてます。リフレッシュして頭を切り替えるのです。

あと一つは、自分のこだわりポイントを作ること。
上記とは全く別のことなのですが、デザイナーとしてのこだわり部分をつくる。

みんなが見て分からないことろであっても、自分が好きな部分をつくること。
「かっこよく」だったり、「この色の組み合わせの部分はサイトの雰囲気作ってるポイントなんだ」とか、すごくこだわってるという部分をつくること。

それが、雰囲気を壊すことになるとそれは失敗してるんですが、デザイナーとしてのこだわり部分があるとそのサイトはより一層素敵なものになると信じて作業しています。